院内歯科技工士さんのご紹介

『歯科技工士』って?

皆様、歯科技工士という職業をご存じでしょうか?

患者様が直接技工士さんと関わることはほぼないと思いますが、お口の中に入っている詰め物や被せ物、入れ歯やマウスピースなどをつくっているのがこの技工士さんです。

当院では、専属の院内技工士さんがいますので、普段どのような仕事をしているのか簡単にご紹介させていただきます。

院内技工所

様々な用途に合わせた最新の機械が設置されています。

 

当院では、1dayセラミック治療を行っており、機械が削っているいるところを患者様にもご覧になっていただけます。

  

 

 

仕事内容(一部です)

★患者様のご要望を直接お伺いいたします★

通常、詰め物や被せ物の色や形を選ぶ際、患者様がドクターに希望を伝え、ドクターから歯科技工士さんに指示を出すのですが、

当院では、技工士が直接、患者様にご希望をお伺いしますので、納得がいくものを選ぶことが可能です!(自費治療)

 

 

★削ります★

患者様のご来院日に間に合うように詰物・被物を削ります。

実はこの作業、技工士さんによって個性がでる仕事なのです。

当院の技工士さんの腕はほんとセンスがいい!!!

 

 

 

★コンピュータで患者様のスキャンデータのトリミングします★

1day治療では、歯の型どりではなく、スキャンしてデータを作成するため、画像のいらない部分を削除していくトリミングを行います。

 

 

院内技工士さんがいるメリット

模型や技工物の輸送の手間がないのでその分早く技工物を提供できる

・直接患者様が技工士にご要望を伝えられる

技工士が直接皆様の口の中をを見ることができるので、より適切な歯の色や形を技工物に表現することができる

などが大きくあげられます。

 

患者様の歯の形は一人として同じものはありません。

歯科技工さんは、患者様の身体の一部となる大切な詰め物・被せ物を丁寧にスピーディーに、そして繊細に作る職人さんなのです!

関連記事

  1. For Non-native Japanese speake…

  2. 2019年もお世話になりました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。