【感染防止対策】口腔外バキューム

当院では、ウィルス感染予防を目的とし、新たに口腔外バキュームを2台導入いたしました。

口腔外バキュームって?

口腔外バキュームとは、口の外で使用する大きな吸引装置(掃除機のようなもの)のことです。

ちなみに治療中に、お口の中の唾液や水を吸引するために使用しているのは、口腔内バキュームと呼ばれるものです。

 

口腔外バキュームは、歯を削ったり、クリーニングした時に口腔内バキュームで吸い逃した飛沫、そして、詰め物・被せ物など補綴物の調整を行う時に飛散する金属などの削りカスや粉塵、これらを吸い取ることができます。

それにより、患者様が飛沫や金属の粉塵を口や鼻から吸い込むことを防ぐことができます。

 

新型コロナウィルスだけでなく、その他のウィルス感染を予防する上で、飛沫などの拡散防止が非常に有効であるため、治療時の口腔外バキュームの使用はとても重要になります。

口腔外バキューム(JETARM)の機能

今回導入したのが、こちらのJETARMという口腔外バキュームです。

 

高性能HEPAフィルターが搭載されており、それによりクリーンな院内環境を保つことができます。

HEPAフィルターとは「High-Efficiency Particulate Airフィルター」の略で、空気中あるいは排気中に含まれる微粒子を捕集するフィルターです。

原子力の排気設備などでも、排気中の放射性微粒子を除去するために使用されているものです。

このフィルターを含む計3層のフィルターでクリーンエアーを排出します。

 

 

口腔外バキュームの使用により、大きな音が出ますが、皆様の健康を守るためには効果的なものですので、どうかご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

歯科助手 荒金

関連記事

  1. 【ウイルス感染予防】正しい手洗いマニュアル

  2. 新型コロナウイルス感染防止に対する当院の取り組み

  3. 衛生面の管理について(滅菌器)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。