なんで毎月保険証を確認するんだ。。

いつも毎月初めの保険証提示にご協力いただき、ありがとうございます!

毎日デンタルクリニック受付のヨネです^^

 

この仕事に就く前は「何で毎月保険証確認する必要があるんだ。。面倒だなあ。。」と思っていました。

わかります。

しかし、この保険証を正しく扱わないと病院側だけではなく患者様ご自身も不都合があるのです。

今回のブログでは、『保険証』についてお話させていただきます。

 

どんなタイミングで保険証が変わるの

多くの方は保険資格を持ち、また保険資格が変わりません。

しかし中には転職などにより保険資格が変わる人も多くいます。

また、社会保険から国民健康保険に変わる場合もあります。(又はその逆)

有効期限が切れた保険証を使用するとどうなる

では、有効期限が切れてしまった保険証を使用してしまった場合は、どうなるのでしょうか。

(※保険証有効期限切れを知っていながら医療をうけられた場合は、詐欺罪にも問われる事があります。)

例をあげて説明させていただきます。


 

先月まで、株式会社〇〇で仕事をしていたAさん。(社保)

次の仕事は決まっていて1か月後から勤務開始!

それまではゆっくりするつもり。

仕事は辞めているが、保険証はまだ持ったままで前の勤務先に送っていない状態。

 

Aさん:(先月で仕事やめたんだけど歯医者行きたいんだよね。。)

【歯科医院にて】

歯科医院受付:こんにちは!保険証お提示お願いします。

Aさん:こんにちは!(保険証もまだ前の会社のやつ持ったままだし、有効期限書いてないし、これでいけるのかな。。)

歯科医院受付:お提示ありがとうございます。では、お掛けになってお待ちください。

Aさん:(とりあえず何も言われなかったぞ。いけるのか。。)

《診療後お会計》

歯科医院受付:Aさんお待たせいたしました。本日のお会計は、1500円です。

Aさん:はい。(よかった。3割でいけた)

歯科医院受付:ではまた次回お待ちしております。お大事に。

Aさん:ありがとうございました(ラッキー!)

 

その後。。。

 

この時点では、Aさんからの申告がない限り、保険証の有効期限が切れていることは、受付はわかりません。

歯科医院だけではなく、病院関係は、毎月10日の締め切りで、社保と国保にひと月分のレセプト請求を行います。

もちろん、Aさんのレセプトも社保に請求します。

しかし、その2か月後保険証が有効期限切れのため、社保から医院に戻ってきてしまいます。(返戻)

 

その後。。。

 

通常であれば、医院から患者様に、新しい保険証を持って来てもらうように連絡をします。

もちろんAさんにもご連絡します。

しかし、Aさんの場合はどうでしょう。

仕事をやめて1か月ゆっくりすると言っていましたよね。

診察した時点では、国保の保険証を持っていたことになります。

 

しかし、医院からAさんに連絡した時は、診療してから2か月以上経っているので、Aさんは新しい会社の保険証(社保)を持っていることになります。

もう手元に国保の保険証がないのです。つまり、Aさんは番号がわかりません。

そうなると、次に国保に連絡をして番号を教えてもらわないといけなくなるのです。

Aさんは国保に加入していましたが、無保だった場合、(保険に入らない無保の状態は、日本国民全員に健康保険に加入する義務がありますのでダメです)患者様には10割負担していただかないといけなくなるので、窓口で負担していただいた3割分を除いた残りの7割を患者様にお支払いしていただきます。

しかし、こちらから連絡しても音信不通ということもしばしば。。。

その場合は、社保又は国保から患者様自身に請求がなされ、入金の確認がとれ次第、医院に入金されるという流れになります。

この様な事がないために、月一回の保険証の確認にご協力をお願い致しています。

 

保険証の有効期限が切れたときは

保険証をお忘れの場合や有効期限が切れている場合は、当日は10割負担でお支払いいただき、後日確認後に差額の返金とさせていただいております。

またその際は、処理の関係上その月の月末までに保険証をお持ちいただけますようご協力をお願いしております。

 

さいごに

保険証は「クレジットカード」と同じです。

買い物に行って、

「カードを忘れたけど、前にもカードで買ったから」

と言っても買い物が出来ないのと同様に、保険証の提示なしに保険で医療を受けることはできないのです。

もちろん有効期限が切れたクレジットカードも使えないですよね。

 

通院には、診察券とセットで保険証・保険証以外に公費医療の受給者証(母子家庭、重度障がい者、乳幼児医療など)、医療券をお持ちの場合には、あわせてご提示ください。

 

そしてマイナンバーカードの健康保険証としての利用申込が始まりました!

健康保険証利用及び特定健診情報の連携は令和3年3月から、薬剤情報・医療費情報の連携は令和3年10月から開始予定です。

こちらが始まるとオンラインで、保険証の有効期限(資格)確認ができるようになるので、ありがたいです!

 

詳しくはコチラをご覧下さい。

https://www.mhlw.go.jp/content/10200000/000577618.pdf

関連記事

  1. ブログページ開設しました

  2. 新型コロナウイルス感染防止に対する当院の取り組み

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。