保険内でほとんどの歯を白いかぶせ物にできます!

一昔前までは保険のかぶせ物といえば金属の銀歯でした。

しかし銀歯は見た目が悪く、歯ぐきが黒ずんできたり金属アレルギーの問題があったりなどの重大な欠点があります。

そこで白いかぶせ物にしようと思えば自費診療で数万~数十万円払わなければなりませんでした。

 

ところが近年金属価格の急騰や金属アレルギーの問題などにより、保険で金属を使わないメタルフリーの白いかぶせ物の適応がどんどん拡充されていってます。

単冠(1つの歯に対して単独で用いられるかぶせ物)ではほとんどの歯に適応され、ブリッジ(失った歯の両隣の歯を削って橋のようにつないだかぶせ物)でも一部適応となっています。

しかし部位やかぶせ物の種類、お口の状態などによっては金属しか保険では無理な場合もあります。

また保険の白いかぶせ物は審美的にある程度きれいなどのメリットもありますが強度に劣るなどのデメリットもあります。

 

 

「銀歯が気になる…けど自費診療でお金をかけるのはちょっとなぁ。」という方でもひょっとしたら保険内で歯をすべて白くできるかもしれません。

 

詳しいことはご相談ください!

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。