感染対策の継続について

R5年5月8日から新型コロナウイルス感染症が「新型インフルエンザ等感染症(2類相当)」から「5類感染症」となりました。

それにより政府から一律に日常における基本的感染対策を求めることはなくなり、マスクの着用や手洗い等の手指衛生などの感染対策の実施は個人・事業者の判断が基本となりました。

それにあたり、当院ではコロナ禍で行っていた感染対策を引き続き実施していくことにしました。

その理由としては、当院ではコロナ以前より標準予防策(スタンダードプレコーション)を実施していましたが、コロナ禍でより一層の感染対策の必要性を痛感したためです。

フェイスシールドを付けた歯科医のイラスト(男性)

例えばコロナ禍になってから飛沫感染対策のためにフェイスシールドをスタッフ全員着用するようにしました。すると治療後そのフェイスシールドに想像以上の飛沫の付着認めとてもびっくりしました。

着用前はマスクをする程度だったのでこんなにも顔に飛沫がとんでたのかと思うとぞっとしました。

このような体験などから不必要なものは省きましたが基本的にはコロナ禍で行っていた換気、感染、防護具の着用、口腔外バキュームの使用などの感染対策を継続していきます。

マウスウォッシュ・洗口液のイラスト

来院される方にはお手数ですが引き続き受付での検温と問診票の記入、治療前のうがいのご協力よろしくお願い致します。

 

関連記事

  1. 【ウイルス感染予防】正しい手洗いマニュアル

  2. 【感染防止対策】口腔外バキューム

  3. 衛生面の管理について(滅菌器)

  4. 治療前のうがいについて

  5. 新型コロナウイルス感染防止に対する当院の取り組み

  6. Ciデンタルショー大阪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。